【第3種_2019年_保安管理技術】問12

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、圧力容器などについて正しいものはどれか。

イ. 圧力容器の鏡板の板厚は、同じ設計圧力で、同じ材質では、さら形よりも半球形を用いたほうが薄くできる。

ロ. 円筒胴の圧力容器の胴板に生じる応力は、円筒胴の接線方向に作用する応力と長手方向に作用する応力を考えればよい。円筒胴の接線方向の引張応力は、長手方向の引張応力よりも大きい。

ハ. 圧力容器の腐れしろは、材料の種類により異なり、鋼、銅および銅合金は 1 mm とする。ま た、ステンレス鋼には腐れしろを設ける必要がない。

ニ. 圧力容器の強度や保安に関する圧力は、設計圧力、許容圧力ともに絶対圧力を使用する。

1. イ、ロ

2. イ、ハ

3. イ、ニ

4. ロ、ハ

5. ロ、ニ


コメント

タイトルとURLをコピーしました