2016年 保安管理技術

2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問15

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷凍装置の保守管理について正しいものはどれか。 イ.アンモニア冷凍装置の冷媒系統に水分が浸入すると、低温の運転では、わずかな水分量であっても膨張弁部に氷結して、冷媒が流れなくなる。 ロ.冷媒系統...
2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問14

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷凍装置の運転管理について正しいものはどれか。 イ.蒸発圧力が一定のもとで、圧縮機の吐出しガス圧力が高くなると圧力比は大きくなるので、圧縮機の体積効率が増大し、圧縮機駆動の軸動力が増加する。 ロ...
2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問13

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、圧力試験および据付けについて正しいものはどれか。 イ.気密試験には、耐圧試験で耐圧強度が確認された配管以外のものについて行うものと、配管で接続された後にすべての冷媒系統について行うものがある。 ...
2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問12

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、材料の強さおよび圧力容器について正しいものはどれか。 イ.JIS規格の溶接構造用圧延鋼材SM400B材の許容引張応力は400N/mm2であり、最小引張強さは100N/mm2である。 ロ.圧力容器...
2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問11

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、安全装置について正しいものはどれか。 イ.フルオロカーボン冷凍装置では、液封事故を防止するために、液封の起こるおそれのある部分には、破裂板以外の安全弁または圧力逃がし装置を取り付ける必要がある。 ...
2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問10

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、冷媒配管について正しいものはどれか。 イ.冷媒配管では冷媒の流れ抵抗を極力小さくするように留意し、配管の曲がり部はできるだけ少なくし、曲がりの半径は大きくする。 ロ.高圧液配管内で液の圧力が上昇...
2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問9

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、附属機器について正しいものはどれか。 イ.高圧受液器は単に受液器と呼ばれることが多く、運転状態の変化があっても冷媒液が凝縮器に滞留しないように冷媒液量の変動を吸収する役割がある。 ロ.フルオロカ...
2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問8

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、自動制御機器について正しいものはどれか。 イ.感温筒が液チャージ方式の温度自動膨張弁は、弁本体の温度が感温筒温度よりも低くなっても正常に作動する。 ロ.温度自動膨張弁の感温筒が吸込み管から外れる...
2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問7

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、蒸発器について正しいものはどれか。 イ.満液式蒸発器に比べ、乾式蒸発器では伝熱面に飽和冷媒液が接する部分の割合が少ない。 ロ.大きな容量の乾式プレートフィンチューブ蒸発器は多数の冷却管をもってお...
2016年 保安管理技術

【第3種_2016年_保安管理技術】問6

次のイ、ロ、ハ、ニの記述のうち、凝縮器および冷却塔について正しいものはどれか。 イ.受液器兼用水冷横形シェルアンドチューブ凝縮器の底部にある冷媒液出口管は冷媒液中にある。そのため、凝縮器内に侵入した不凝縮ガスである空気は器外に排出さ...
タイトルとURLをコピーしました